2010年08月10日

闇サイト殺人事件

 2007年8月24日午後10時ごろ、名古屋市内の路上で帰宅途中だった磯谷利恵さん(当時31歳)が、3人の男(40歳:無職、36歳:新聞拡張員、32歳:無職)に車で拉致され、殺害された。

 3人の男たちは互いに面識がなく、「闇の職業安定所」という犯罪者を募集する携帯サイトで知り合い、偶然見かけた磯谷さんを犯行の標的に選んだ。

 3人は、車に連れ込んだ被害者に手錠をかけ、もっていた現金6万2千円とキャッシュカードを奪い、カードの暗証番号を聞き出した後、被害者を殺害。命乞いをする被害者の顔に粘着テープを巻き、ポリ袋をかぶせた上で、ハンマーで頭をめった打ちにした。その後、遺体を岐阜県内の山中に遺棄した。


 犯行の翌日、被疑者のうちの1人が、愛知県警に犯行を自首したことで、事件が発覚。名古屋地裁は、主犯格2人の男に死刑を言い渡した。しかし、自首した1人の男については、『その後に起りえた犯罪を阻止し、本件各犯行の解決に結果として寄与した』とし、無期懲役を言い渡した。

 これを受けて、被害者の母親(磯谷富美子さん)が、被疑者3人全員を極刑とする署名を集めるために、ホームページを設立。2008年12月には、30万人を超える署名が集まった。

 一方で、3人の被告は、それぞれの判決を不服として控訴。うち死刑を求刑された1人が控訴を取り下げ、2009年4月、死刑が確定した。現在、残り2人の控訴審が名古屋高裁で行なわれている。


【関連する記事】
posted by 傍観者 at 16:24| その他・殺人事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



|TOPページ|

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。